お知らせ
『常勤役員等や専任技術者の実務経験確認資料の注意点』(埼玉県知事許可)新着!!

常勤性と共に実務経験を証明しなければなりません。常勤役員等の場合は5年、専任技術者の場合は最大で10年の証明が必要になってきます。法人の場合において常勤役員等の経験を証明する資料としては、以下のものがあります。【(A)+ […]

続きを読む
お知らせ
『常勤役員等や専任技術者の実務経験確認資料の注意点』(神奈川県知事許可)新着!!

常勤性と共に実務経験を証明しなければなりません。常勤役員等の場合は5年(60か月)、専任技術者の場合は最大で10年(120か月)の証明が必要になってきます。法人の場合において常勤役員等の経験を証明する資料としては、以下の […]

続きを読む
お知らせ
『常勤役員等や専任技術者の実務経験確認資料の注意点』(東京都知事許可)新着!!

常勤性と共に実務経験を証明しなければなりません。常勤役員等の場合は5年、専任技術者の場合は最大で10年間の証明が必要になってきます。常勤役員等の経験を証明する資料としては、以下のものがあります。【(A)+(B)のいずれか […]

続きを読む
お知らせ
『夏季休暇についてのお知らせ』

平素は格別のお引き立てを賜りまして誠に有難う御座います。 誠に勝手ながら、下記日程を夏季休とさせて頂きます。 夏季休業期間:8月10日(木)から16日(水)まで 休業期間中にお問合せ頂きました内容につきましては、営業開始 […]

続きを読む
お知らせ
『特定建設業許可における管理技術者と専任技術者』

特定建設業の許可は、元請業者であって、一次下請けに出す金額が、4,500万円以上(建築一式工事の場合は7,000万円以上)の工事である場合に必用になってきます。一般建設業に比して、専任技術者の要件、財産的要件も厳しいもの […]

続きを読む
お知らせ
『令和5年1月から経営事項審査の変更について』

令和4年8月15日の建設業法施行規則等の一部改正に伴い、令和5年1月1日から経営事項審査が変更になります。 変更内容:その他の社会性(W)の改正 1.ワーク・ライフ・バランスに関する取組の状況について新たに評価します。( […]

続きを読む
お知らせ
『建設業許可・経営事項審査電子申請システム』

建設業の働き方改革推進の一環として、申請者、許可行政庁の事務負担を軽減し生産性の向上を図る目的から、建設業許可・経営事項審査電子申請システム(Japan Construction Industry electronic […]

続きを読む
お知らせ
『建設業許可の更新』

最近、建設業の許可期限が切れてしまって更新ができないといったお問合せを受けます。今回は、建設業の許可更新についてお話したいと思います。 建設業許可の有効期間は、5年となっています。建設業者が引き続き当該許可を受けるために […]

続きを読む
お知らせ
『CCUSによる技能者の処遇改善に向けた取組み』

現状、建設業は、元請けに価格決定権がなく、重層下請け構造で、工事毎に施工体制を組み特性があります。また同業種の専門工事業者が多く存在しており、その代替性も高く、元請けも価格重視で下請け業者を決めており、専門工事業者単独で […]

続きを読む
お知らせ
『建設キャリアアップシステム(CCUS)について』

建設キャリアアップシステム(以下CCUS)は、2019年4月より本格運用が開始されました。導入の背景は、人口減少と少子高齢化に伴い、建設技能者数も全体の25%程度が60歳以上ということで10年後にはその大半が引退してしま […]

続きを読む